⇩ ⇩ このサイトのメイン記事はこの下からどうぞ ⇩ ⇩
医療脱毛クリニックで”料金の安い順ランキング”で堂々の総合一位

【湘南美容クリニック】

「脱毛をしたい」妊娠中にVIO脱毛はできるの?不妊への影響は?

更新日:

https://datsumou-bijo.com

妊娠中や出産後の授乳期のVIO脱毛はできるの?妊活中の不妊への影響は?

 

妊娠中に「脱毛をしたい」と感じる可能性などがあります。

 

お腹の大きいときに記念撮影を行ないたいケースなどは、

VIO脱毛をしたいという場合も有るかも知れないですね。

 

また、妊娠中から出産後の授乳期にも

脱毛可能なのか不安になってしまいますよね。

 

そして妊娠を目指している妊活中の期間には、

VIO脱毛が妊娠にに支障が出るかどうかも合わせて詳しく説明を加えていきます。

 

 

● 妊娠中のママの体はどんな状態?

 

 

妊娠中にVIO脱毛が可能なのかどうかを知る前に、

まずは妊娠中のママの身体はいかなる状態なのかを掌握しておく必要があります。

 

妊娠中のママの身体は基本的にデリケートな状態です。

 

まず、何かの病気になったときに、通常の時期と同じ要領で薬の飲用は禁物です。

 

また、麻酔の場合でも同様です。

例を挙げると歯医者さんで虫歯治療を受けるときに麻酔をすることがありますが、

妊娠中は胎児への影響を想定すると麻酔を打つことも回避すべきなので、

虫歯治療自体をすることが出来ないという考え方が常識的です。

 

また妊娠中はホルモンバランスに変化が起きるため、肌が敏感になることがあり、

肌トラブルが発生することが多くなります。痛みにおいてもより敏感になってきます。

 

個人差は存在しますが、つわりが起きて吐き気が出るなど、

自由気ままに生活が実現できないこともあり得ます。

 

 

● 妊娠中にVIO脱毛はできない

 

 

そうだとしたら、このような身体の状態の妊娠中に、VIO脱毛は可能なのでしょうか。

一般的に、VIO脱毛に限らず、妊娠期は脱毛自体できません。

 

その要因として、脱毛施術はレーザーを照射する際に

火傷や肌トラブルの懸念があるためなのです。

 

殊更肌の敏感な妊娠中はささいなことで肌トラブルが起きやすい状況だから、

レーザーや光の照射を受けることでアクシデントが出やすいと考えられます。

 

また、特に医療レーザーは通常期でも痛みが強いといわれています。

ですから、より敏感になっている妊娠中は、

なお一層痛みを感じやすいと考えられます。

 

もし肌トラブルが発症してしまっても、飲み薬などが

使うことができないのも脱毛施術が実施されてない要因のひとつです。

 

また妊娠中は、できる限り身体に負荷が掛からないようにする必要があります。

つわりがあれば当然として、施術中は身体を横たえるため、

姿勢に関しましても負担が大きいものなのです。

 

 

● 授乳中はVIO脱毛はできるの?

 

 

では、産後の授乳中は脱毛をやってもらうことは可能なのでしょうか。

 

実際的には、授乳期には脱毛クリニックでも、

脱毛サロンでも脱毛施術は実施されていません。

 

母乳への影響を及ぼすため、トラブルがあったときに薬を服用できないからです。

 

また、授乳中も妊娠期と同じでホルモンバランスが平常とは異なる時期なので、

肌の状態や発毛に変化が起きるケースがあると指摘されております。

 

そんな理由から、VIO脱毛も、ワキ脱毛や腕脱毛など部位に関わらず、

脱毛施術そのものを受けることができません。

 

 

● 帝王切開したらVIO脱毛はできないの?

 

 

帝王切開をした後に、傷跡が残ってはいるものの、

そのVラインの脱毛をしたい場合、照射は可能か不安になる人もいます。

 

一般的に傷跡や手術の跡は、脱毛クリニックの場合医師が見て

照射が可能か否か見極めることが多いようです。

 

だけども、傷跡が黒味をおびており、色素沈着しているケースは、

日焼けした肌と同じように火傷の可能性があるので照射不可能です。

 

また、手術跡は傷が深いケースがあるため、照射が施されないことだってあります。

 

 

● VIO脱毛が不妊の原因になることはある?

 

 

VIOラインはデリケートな部分であり、子宮も近いがために、

脱毛施術が不妊を招く原因となっていくのではないかという噂が存在します。

 

しかし、照射する光もレーザーも、メラニン色素だけに作用するもんですから、

子宮に不都合が出るということはありえないでしょう。

 

そんなわけで、この噂は無条件に誤認識です。

 

ただし、妊活を実施している人が脱毛を受けている途中で妊娠したケースでは、

そのタイミングで、脱毛施術自体は一旦中止することになります。

 

流石にそういった時にもお腹の中の赤ちゃんに悪影響が及ぶことなどありませんが、

一旦、脱毛はお休みを取って、出産後の授乳期を済ませてから、

体調が平常になった時点で脱毛施術を再開しましょう。

 

こうした休止制度がきちんと整っているかどうかは、

脱毛サロンやクリニックに事前に問い合わせしておきましょう。

 

 

● 【まとめ】妊娠中にVIO脱毛はできるの?赤ちゃんへの影響は?

 

 

妊娠中は、VIO脱毛に限ったことではなく、脱毛施術自体利用できません。

 

お腹の中の赤ちゃんや子宮への影響は見られませんが、

ホルモンバランスの関係などから肌トラブルの危険性が危惧されたり、

予想外のときに効果的な治療をすることができないなどの理由が伴います。

 

脱毛よりも妊娠中はしっかりお腹の赤ちゃんと共に貴重な時間を過ごし、

出産後に授乳期を過ぎて安定してから脱毛施術を受けるようにしましょう。

 

出典:トイトイトイクリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このサイトはWordPressで作成しています。


◇ WordPressテーマは ”AFFINGER PACK3(WING対応)”です。


◇ レンタルサーバーは "mixhost(ミックスホスト)"です。

おすすめ記事

1

医療脱毛で永久脱毛!全身脱毛、VIO、顔、両ワキ脱毛の料金を徹底調査した   脱毛をしようかなと思っている方も多いんじゃないかと思います。 でも、どうせなら安い料金で永久脱毛をしたい。 永久 ...

Copyright© 医療脱毛・エステ脱毛の全身脱毛やVIO、顔脱毛の料金や回数の調査した , 2019 All Rights Reserved.