⇩ ⇩ このサイトのメイン記事はこの下からどうぞ ⇩ ⇩
医療脱毛クリニックで”料金の安い順ランキング”で堂々の総合一位

【湘南美容クリニック】

脱毛が心配?不安一杯?脱毛が原因で起きる毛嚢炎とその治療方法

更新日:

https://datsumou-bijo.com

脱毛施術後に万一毛嚢炎が出来てしまったら、その治療方法!

 

脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛施術を受けた後、

毛嚢炎(もうのうえん)という、できものができてしまうことがあります。

 

一見、ニキビにも似たこの毛嚢炎とはいったい、なぜ脱毛後に起きるのか、

そして、その治療はどのように行うのかを一通り見ておきましょう。

 

もし今、毛嚢炎かもしれないと不安になっている方や、

これから脱毛を受けようとしている方で、毛嚢炎のリスクを知っておきたい

といいう方は、ぜひ確認しておきましょう。

 

 

● 毛嚢炎とは

 

 

毛嚢炎とは、毛穴の奥に雑菌が感染して皮膚にブツブツした

できものが現れるもので、ニキビと似ています。

 

毛嚢炎の原因は雑菌に感染することです。

 

毛嚢炎で感染する雑菌は、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が主です。

 

これらの雑菌は、通常、毛穴に多く存在しているものですが、

毛穴が傷ついたり、湿った状態が続いたりと、

雑菌が感染・繁殖しやすい環境になると毛嚢炎が起きやすくなってしまいます。

 

 

● 毛嚢炎とニキビの違いは?

 

毛嚢炎は、毛包炎とも呼ばれる、ニキビの一種です。

 

ニキビは、毛嚢炎よりも広い定義があります。

ニキビの場合、毛包炎のほか、面皰(めんぽう)という毛穴が

白っぽいもので詰まった状態で、まだ炎症が起きていないものも含みます。

 

また、ニキビは主に、皮脂の分泌が過剰になる男性ホルモンが

活性化する思春期の時期によく起こるものを指します。

 

 

● 脱毛で毛嚢炎が起きてしまう理由

 

 

毛嚢炎は、脱毛照射を受けた後に起きてしまうことがあります。

 

その理由は照射の光やレーザーにより、毛穴にもダメージが加わり、

そのダメージによって肌のバリア機能が低下してしまうことで、

雑菌に感染しやすくなることが挙げられます。

 

また、Vラインによく毛嚢炎が起きるのは、下着などによって

蒸れやすくなることで湿った環境になりやすく、

雑菌が繁殖する最適な条件になってしまうためといわれています。

 

また、皮脂が多く分泌されやすいところも

特に毛嚢炎が起きやすいといわれています。

よって、顔脱毛を行った後にも起きやすいでしょう。

 

 

● 毛嚢炎の治療法

 

 

脱毛後に、毛穴の周辺がニキビのように赤くなり、

痛みを感じたら、毛嚢炎の可能性があります。

 

その場合、すぐに医療機関や施術を受けたクリニックに

問い合わせて、医師の診断と治療を受けましょう。

 

毛嚢炎の治療では、程度によって外用薬(塗り薬)や

内服薬(飲み薬)が処方されます。

 

照射によって起きた毛嚢炎は軽度のことが多く、

1週間~2週間ほど経てば自然と治ることも多いともいわれています。

ただし自己判断は危険ですので、必ず医師に相談してください。

 

 

● 毛嚢炎の予防

 

毛嚢炎を予防するためには、自己処理の方法や脱毛後のケア、

事前のサロンやクリニック選びによく注意することなどがあります。

その予防法をご紹介します。

 

➤ カミソリや毛抜きの自己処理は控える

 

 

毛嚢炎のリスクは、脱毛だけではありません。

普段の自己処理のときにカミソリや毛抜きを使用すると、

毛穴を傷めつける原因になります。

 

毛抜きを使った後、赤くブツブツとしたものができたことはありませんか?

 

それは毛嚢炎かもしれません。

 

脱毛照射を受ける前日に行う自己処理は、毛抜きはもちろん、

カミソリの使用はNGですが。

 

そうでなくとも普段の自己処理では

肌に負担の少ない電気シェーバーを使用するなどして

毛嚢炎のリスクを減らしましょう。

 

➤ 脱毛後の肌のケアにも注意する

 

 

脱毛後の肌は、光やレーザーの影響でいつもよりデリケートな状態。

肌を守るバリア機能も低下しています。

 

そのようなときに、お風呂でゴシゴシこすりながら洗ったり、

きつい下着や衣類をつけたりして刺激を与えるのは絶対にやめましょう。

 

肌がさらに傷つけば、毛嚢炎のリスクも高まると考えられます。

脱毛後の肌は丁寧にケアしましょう。

また、雑菌が繁殖しないように清潔に保つことも重要です。

 

➤ 毛嚢炎ができてしまった場合の対処法を確認する

 

 

脱毛サロンや脱毛クリニックで契約するときには、

必ずリスクへの対処方法を確認しておきましょう。

 

もし毛嚢炎ができたら、どのような対処をしてくれるのか、

具体的に聞いておきます。

 

医師が常駐している医療脱毛クリニックであればより安心です。

 

すぐに診察・治療を行ってくれるためです。

 

毛嚢炎のリスクを考えて、あらかじめ信頼のおける

クリニックで施術を受けるのも一つの方法です。

 

 

● 【まとめ】不安解消!脱毛が原因で起きる毛嚢炎とその治療方法

 

脱毛が原因で毛嚢炎が起きてしまう原因や治療法、

予防法などをご紹介してきました。

 

毛嚢炎は適切な治療を受ければ改善するものです。

 

悪化させないためにも自己判断は避け、すぐに医療機関や

施術を受けたクリニックに問い合わせた上で、

医師に診てもらうことが大切です。

また、予防策もしっかり行って万全の状態にしておきましょう。

 

 

出典:トイトイトイクリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このサイトはWordPressで作成しています。


◇ WordPressテーマは ”AFFINGER PACK3(WING対応)”です。


◇ レンタルサーバーは "mixhost(ミックスホスト)"です。

おすすめ記事

1

脱毛サロンは安いのかな?痛みは無いのかな?VIOはどうなの?   だんだん脱毛が常識となってきましたね。 日本もようやくこの分野でも欧米に追い付いてきたんですよね。   部分脱毛か ...

2

医療脱毛で永久脱毛!全身脱毛、VIO、顔、両ワキ脱毛の料金を徹底調査した   脱毛をしようかなと思っている方も多いんじゃないかと思います。 でも、どうせなら安い料金で永久脱毛をしたい。 永久 ...

3

湘南美容クリニックの医療レーザーVIO脱毛:ツルッツルになりますよ 無料カウンセリングはコチラ   ● 湘南美容クリニックのハイジニーナVIO脱毛の特徴   湘南美容クリニックは全 ...

4

銀座カラーの全身脱毛ってなぜ人気があるの?   銀座カラーの公式サイト   ● 銀座カラーは美容脱毛サロンです、その特徴は?   ◆ 銀座カラーはどんなところ? &nbs ...

5

アリシアクリニックは全身脱毛おすすめブランドに3年連続選ばれています   無料カウンセリングはコチラ   ● アリシアクリニックの医療脱毛の特徴     ◇ 美 ...

Copyright© 医療脱毛・エステ脱毛の全身脱毛やVIO、顔脱毛の料金や回数の調査した , 2019 All Rights Reserved.