⇩ ⇩ このサイトのメイン記事はこの下からどうぞ ⇩ ⇩
医療脱毛クリニックで”料金の安い順ランキング”で堂々の総合一位

【湘南美容クリニック】

脱毛で心配事:ほくろがある部位は脱毛できるの?ダメな時は?

更新日:

https://datsumou-bijo.com

大きなほくろがある、その部位の脱毛は可能?

 

 

脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛を受けたいと思っているものの、

大きなほくろがあって、その部位は脱毛ができるのかどうか

気になっているという方もいるのではないでしょうか。

 

ほくろがあると照射できないとか、逆にほくろが小さくなるなどの噂を聞き、

どれが正しいのか不安になっているかもしれません。

 

そこで今回は、ほくろがある場合に脱毛はどうなるのかを解説します。

 

● ほくろがあっても脱毛はできる

 

 

基本的に、ほくろがあると脱毛サロンや脱毛クリニックでは

ほくろの程度をみて脱毛ができるかどうか判断するケースが多いようです。

 

脱毛サロンで行われている光脱毛も、

脱毛クリニックで行われている医療レーザー脱毛も、

どちらもメラニン色素に反応する光やレーザーを用いて脱毛を行います。

 

狙いは毛根にあるメラニン色素です。

その黒い部分に反応させて熱でダメージを加えることで脱毛効果が得られます。

しかし、メラニン色素は毛根以外にも存在することがあります。

 

例えば、日焼けしたときの黒い肌やほくろやシミ、そばかすなどです。

これらのところが光やレーザーにより熱を持ってしまうと火傷の恐れがあります。

 

よって基本的に日焼けした肌には照射は行われません。

 

しかし、ほくろやシミが小さく、色が薄い場合であれば

照射が受けられることがあります。

また、何らかの処置をした上で照射を行うことがあります。

 

● ほくろがある場合の脱毛方法

 

 

ほくろがある場合、全身脱毛からVIO脱毛まで、

あらゆる部位の脱毛はどう行われるのでしょうか。

 

ほくろがあっても、そのほくろの箇所を避けて照射できれば問題ありませんが、

もし避けられない場合の具体的な方法をみていきましょう。

 

➤ 保護シールを貼って照射する

 

 

問題は黒いメラニン色素にあるため、ほくろが覆われるように

白いシールを貼ってから照射をすることがあります。

 

これにより、火傷のリスクはほぼないといえます。

Vラインにほくろがある場合も同様です。

 

➤ ほくろを除去してから脱毛する

 

 

ほくろは皮膚科や美容皮膚科、形成外科などで除去することができます。

 

先にほくろ除去の治療を受けてから、

その脱毛したい部位を脱毛するという方法があります。

 

しかし、ほくろを残したい場合にはこの方法を取るわけにはいきませんので、

他の方法を考える必要があります。

 

➤ 別の脱毛方法を検討する

 

 

光脱毛やレーザー脱毛は諦めるということも一つの方法です。

 

クリニックで行われている他の脱毛方法としては、

ニードル脱毛(針脱毛)があります。

 

毛穴に針を1本1本差し込んで電流を流して、

毛根部分にダメージを与えることによって脱毛する方法です。

 

しかし、ニードル脱毛は痛みが強いといわれているため、

どうしても脱毛したい場合や、痛みに強い場合を除いて、

あまりおすすめはしません。

 

● ほくろから生えている毛や周囲の毛は照射可能?

 

 

たまに、ほくろから毛が生えることがありますよね。

 

そのほくろの毛の脱毛は可能なのでしょうか?

 

その答えは、基本的にNGです。

 

ワキ脱毛、顔脱毛、VIO脱毛など、どの部位においても同様です。

 

ほくろから生えている毛に対して光やレーザーを照射すると、

ほくろ部分のメラニン色素に反応して熱が発生し、

皮膚に火傷を負うおそれがあります。

 

もしどうしても脱毛をしたい場合には、

先にほくろを除去することを考えましょう。

 

● ほくろにレーザーを照射してしまったらどうなる?

 

 

もし誤って大きなほくろに対して、

もしくは小さなほくろに対してレーザーを照射してしまうと、

その黒い部分に熱が生じてしまい、

ゴムでパチンとはじかれたような痛みが出るといわれています。

 

大きいほくろはもちろん、小さくても

濃いほくろの場合も痛みを感じる恐れがあります。

 

照射する部位に、ほくろがないかあらかじめよく確認しておきましょう。

 

● 【まとめ】ほくろがある部位は脱毛できるの?

 

ほくろのある部位の脱毛はできるのかどうかについて、解説してきました。

基本的に、ほくろそのものには照射は行えません。

 

よほど小さく、照射しても問題ない範囲であれば、

そのまま照射することもありますが、脱毛サロンや脱毛クリニックでは、

基本的に少しでも火傷や痛みのリスクがあれば、シールを貼る、

避けるなどしてほくろ部分への対処を行っています。

 

もし、ほくろが気になるのであれば、

先にほくろ除去の施術を受けることも考えましょう。

 

 

また、「このほくろは大丈夫?」と不安になるのであれば、

脱毛サロンや脱毛クリニックに一度相談してみるのをおすすめします。

 

出典:トイトイトイクリニック

 

 

 

 


 

 

 

 

 

このサイトはWordPressで作成しています。


◇ WordPressテーマは ”AFFINGER PACK3(WING対応)”です。


◇ レンタルサーバーは "mixhost(ミックスホスト)"です。

おすすめ記事

1

脱毛サロンは安いのかな?痛みは無いのかな?VIOはどうなの?   だんだん脱毛が常識となってきましたね。 日本もようやくこの分野でも欧米に追い付いてきたんですよね。   部分脱毛か ...

2

医療脱毛で永久脱毛!全身脱毛、VIO、顔、両ワキ脱毛の料金を徹底調査した   脱毛をしようかなと思っている方も多いんじゃないかと思います。 でも、どうせなら安い料金で永久脱毛をしたい。 永久 ...

3

湘南美容クリニックの医療レーザーVIO脱毛:ツルッツルになりますよ 無料カウンセリングはコチラ   ● 湘南美容クリニックのハイジニーナVIO脱毛の特徴   湘南美容クリニックは全 ...

4

銀座カラーの全身脱毛ってなぜ人気があるの?   銀座カラーの公式サイト   ● 銀座カラーは美容脱毛サロンです、その特徴は?   ◆ 銀座カラーはどんなところ? &nbs ...

5

アリシアクリニックは全身脱毛おすすめブランドに3年連続選ばれています   無料カウンセリングはコチラ   ● アリシアクリニックの医療脱毛の特徴     ◇ 美 ...

Copyright© 医療脱毛・エステ脱毛の全身脱毛やVIO、顔脱毛の料金や回数の調査した , 2019 All Rights Reserved.