⇩ ⇩ このサイトのメイン記事はこの下からどうぞ ⇩ ⇩
医療脱毛クリニックで”料金の安い順ランキング”で堂々の総合一位

【湘南美容クリニック】

脱毛で心配!やっぱり痛い?VIO脱毛のメリット・デメリット

更新日:

迷っちゃうVIO脱毛!そのメリット&デメリット

 

VIO脱毛をするべきかそうでないか迷ってしまっており、

おいそれとは決めかねていると仰る方は、

おそらくVIO脱毛をするべきかどうか解らず、

VIOを行なうべきやる価値が見つけられていないという見方もできます。

 

 

そういうわけで今回は、VIO脱毛のメリットとデメリットをそれぞれ見ていただきます。

これらのものを確かめ、VIO脱毛のニーズに対して

考慮してみる手掛かりにしてみるといいですね。

 

VIO脱毛のメリットとデメリットを

それぞれ5つずつお伝えして行こうと思います。

 

● VIO脱毛で起きるデメリット

 

VIO脱毛には様々なデメリットがあります。5つ確認しておきましょう

 

➤ VIOの脱毛時は特に強い痛みを感じる

 

 

VIO脱毛の一番のデメリットとえば、真っ先に照射時の痛みと考えて良さそうです。

 

VIO脱毛の痛みには個人差が見受けられますが、VIOラインは特に皮膚が薄く、

痛みを感じ易い鋭敏な部分なので、痛みを感じ易いといわれているようです。

 

特に医療レーザー脱毛は、VIOライン以外の部分でも痛いと思われているため、

VIO脱毛は不得手という方もたくさんいるんです。

 

しかしここへ来て、脱毛クリニックでも痛みの軽減施策がいたるところでなされており、

脱毛サロンレベルにまで痛みが軽減されているようです。

 

➤ 施術中の恥ずかしさ

 

 

 

VIO脱毛時の照射はどんな体勢で施術を受けるのか気になります。

 

Vラインは仰向けに横になっていさえすれば事足りることがほとんどですが、

Iラインは脚を曲げ、Oラインはうつぶせか四つん這いになることが大半です。

 

当然ですが、女性の施術者が行うことが大半ですし、タオルなどで隠しつつ

実施してくれますが、なんといっても恥ずかしいのは事実なのです。

 

➤ 男性の反応が悪いケースもある

 


VIO脱毛を行ってしまうと、男性がどう感じるかは判断できません。

男性の反応が悪い場合もあることを意識しておいてください。

男性の本音の中には、毛がなかったら引くというものもあるようです。

 

このような男性の評価に関して盲点が生じることが多く、

その中にはデメリットになることも考えられます。

 

➤ デリケートゾーンを医療脱毛すると元には戻らない

 

 

医療脱毛、つまりレーザーを使ったパワーの強い脱毛を行うと、

永久に発毛してこない状態にすることも可能と考えられています。

 

しかし、一度施術をやってしまうと、気が変わって毛を生やしたいときに、

元に戻せないというデメリットがあります。

 

もちろんここの部分をメリットと捉えることもできますが、

VIOに毛がないのは一時的でOKであれば、デメリットになってきます。

 

デリケートゾーンの脱毛を行なうべきかどうか、その必要性や、

やる意味をきちんと視野に入れておかなければなりません。

 

➤ 産婦人科や温泉で恥ずかしい思いをするかも?

 

 

この先、妊娠して産婦人科に通うとなった場合は、

検査を行う為にデリケート部分を診察されることも考えられます。

 

そのような時、毛がまったくないとばつが悪いと感じてしまうかもしれません。

 

そして、旅行で温泉といった通常のお風呂を利用したときに、

つるつるだと周囲の女の方にびっくりされることだってあります。

 

そのような気恥ずかしさのデメリットは多少ならあるかもしれません。

 

● VIO脱毛をするとこんなメリットがある

 

一方、VIO脱毛をするとこんな利点があるのです。

 

➤ デリケートゾーンを衛生的に保てる

 

 

VIO脱毛をやってしまうと、毛がなくなる、もしくは薄くなることで、

下着の部分で蒸れにくくなります。

 

蒸れるにとどまらず、臭いが出ることだって考えられるデリケート部分は、

女性からすれば必ず処理しておくようにしたいものです。

 

特に、生理の際には、生理用ナプキンでなおのこと蒸れやすい上に、

臭いも気に掛かるものです。VIO脱毛をやってしまうと清潔に保つことが可能となります。

 

➤ 自己処理が楽になる

 

 

VIO脱毛をした場合、完全に脱毛しない場合も、する場合も、

自己処理に時間がかからなくなります。

 

いつもカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、

除毛クリームで対処しちゃっていたという方は、

さぞかしめんどう臭い感じたことは一度くらいあると思います。

 

特にVラインの毛は太くて扱いに思い悩んでしまいますよね。

VIO脱毛をすれば自己処理がすっごく楽が出来ます。

 

➤ 自己処理によって起きるシミ(色素沈着)の予防になる

 

 

VIOラインの自己処理がわずらわしいのは、

ただ手間暇掛かるというだけではないと言えます。

 

自己処理で特にカミソリやシェーバーを使ったり、毛抜きで抜いたりすると、

肌を傷つける可能性があると思います。

 

そして色素沈着を引き起こしてシミや黒ずみができちゃう可能性もあります。

 

VIO脱毛で脱毛してしまうことで、自己処理による

色素沈着のリスクが減り、予防することができます。

 

➤ 自己処理による肌トラブルの心配がなくなる

 

 

カミソリやシェーバー、毛抜きを使用すると、色素沈着だけに限らず、

その刺激で炎症を生じさせてしまうかも知れません。

 

また、蒸れると肌がかぶれる方もいるのです。

そうした肌トラブルを回避することが出来るのもVIO脱毛メリットです。

 

➤ 膀胱炎の予防になるかも

 

 

VIO脱毛をすると衛生面でメリットがあるとお話ししましたが、

細菌感染のリスクも減少させられると言って間違いないでしょう。

 

膀胱炎(ぼうこうえん)という膀胱の中に雑菌が入って発症する

病気におかされることも、予防することを可能にするかも知れないのです。

 

そのわけは、膀胱炎は肛門やその周囲にいる雑菌から膣に菌が住み着いて、

発症する可能性が大きいと推定されているためです。

 

言うまでもなく、VIO脱毛が終了しても、デリケートラインを常に

衛生的にしておく必要はありますが、膀胱炎は女性に多い病気と認識されているため、

そのリスクが少し軽減されるというメリットはあると考えられます。

 

● 【まとめ】VIO脱毛5つのメリットと5つのデメリット

 

どのように感じましたか?

 

VIO脱毛のメリットとデメリットを説明してきました。

自分自身では考えてもいなかったメリットやデメリットもあったんじゃないでしょうか。

ぜひこれらを意識してVIO脱毛を行うかどうか見極めてみてくださいね。

 

 

出典:トイトイトイクリニック

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

このサイトはWordPressで作成しています。


◇ WordPressテーマは ”AFFINGER PACK3(WING対応)”です。


◇ レンタルサーバーは "mixhost(ミックスホスト)"です。

おすすめ記事

1

医療脱毛で永久脱毛!全身脱毛、VIO、顔、両ワキ脱毛の料金を徹底調査した   脱毛をしようかなと思っている方も多いんじゃないかと思います。 でも、どうせなら安い料金で永久脱毛をしたい。 永久 ...

Copyright© 医療脱毛・エステ脱毛の全身脱毛やVIO、顔脱毛の料金や回数の調査した , 2019 All Rights Reserved.